船井総研ロゴ

EC経営.com

2023.01.05

BtoB企業がECサイトを構築すべき5つの理由

BtoB企業がECサイトを構築すべき5つの理由

2023年に入り、BtoBの企業様からDX(デジタルトランスフォーメーション)に関するご相談を多くいただいております。ご相談をお伺いすると「DXで無駄を省いて業績を上げたいけど、何から始めたら良いか分からない」というお悩みの企業様が非常に多いです。そこで今回は「BtoB企業(商社・卸売業)がECサイトを構築すべき5つの理由」というテーマでお送りします。

【メルマガの購読はこちらから☞】

商社・卸売業がDXする際のポイント

船井総合研究所では、DXにおいて重要なポイントは、”デジタル資産を活用”して新たな売上を作ることだとお伝えしています。デジタル資産を活用するためには、まずはデジタル資産の蓄積からスタートしていくことが必要です。商社・卸売業は顧客からの注文を起点に業務が流れていくため、注文情報をデジタル化することで、デジタル資産を蓄積することができます。

しかし、上記の事をお伝えすると「ウチはアナログな注文方法(電話、FAX、メール、営業担当者へ口頭発注)がメインだし、受注処理で手一杯なんだからデジタル化なんて出来ないよ!」とお声をいただくことがあります。

 

ECサイトが全てを解決

そこで活躍するのがECサイトです。BtoB ECサイトは、企業間の取引をアナログ(電話、FAX、メール、口頭など)ではなく、デジタルを活用して行う仕組みです。BtoB ECサイトを構築することで、得意先自身にサイトにアクセスしていただき、24時間いつでも発注していただくことが可能になります。また、得意先からの発注をWebに一本化し、顧客が入力した情報を基幹システムに自動で転記できるようになります。もちろん得意先ごとに異なる価格設定、決済方法、提案商品を個別設定でき、法人営業特有の商習慣にも対応が可能です。今では50〜70代の方でも通販サイトでショッピングをしている時代です。丁寧に使い方をご案内したところ多くの企業様がお得意先をBtoB ECサイトでの発注に誘導することができています。

 

BtoB企業がECサイトを構築すべき5つの理由

BtoB企業がECサイトを構築することで次のようなメリットがあります。

メリット① デジタル資産をマーケティングに活用

BtoB ECサイトを構築することで、どの企業の、誰が、何を、どのぐらい購買しているのかを正確に把握することができます。また、ECサイトは過去の閲覧履歴も把握することが可能です。そのため、過去のデジタル情報資産を分析することで、正しく効果的なマーケティング施策の実行が可能になります。イベント用品卸売業様では、前週に伸びた商品をいち早く把握して、営業に活かすことをしています。

 

メリット② 業務効率化を実現

従業員による顧客からの問い合わせ対応には、労力と時間が必要です。そこで取り入れたいのが、AIによる問い合わせ対応。過去のデータから分析し、FAQ(よくある質問とその返答をまとめたもの)を設置するのも有効でしょう。これらの方法によって問い合わせ対応を自動化できれば、従業員は問い合わせ対応に追われることなく他の業務に集中することができます。

 

メリット③ 新規取引先の開拓に活用

BtoB ECサイトは法人の新規開拓にも有効です。仕入先をインターネットで検索して探している卸先にサイトへ訪れてもらい、新規取引をスタートすることができます。具体的には「馬肉 仕入」 「アパレル 卸」 「内装資材 卸売」などといった検索をした方をターゲットにします。毎月インターネット経由で100社を超える卸先を開拓している企業様もいらっしゃいます。DXの第一歩としてBtoB ECサイトの構築を検討してみてはいかがでしょうか?

 

メリット④ 従業員の働く環境の改善

BtoB ECサイトは従業員満足度の改善に役立ちます。BtoB ECサイトを構築をすることでDXが促進し、働きやすい環境をデザインすることが可能です。例えば、これまでの煩雑な作業の業務効率がよくなれば残業が少なくなります。あるいはリモートワークが推進されることで、自由な場所で働けるなどのメリットを得られる社員もいるでしょう。これらの働く環境の改善によって従業員満足度を改善することができます。従業員満足度が改善すると離職率低下、採用コストの軽減にもつながります。

 

メリット⑤ 業績の向上

BtoB ECサイトを構築し、DXを推進することで①〜④のメリットを享受することができます。その結果として業績を向上させることができます。実際にコロナの影響で赤字が続き、経営状況が悪くなった時に弊社のセミナーにご参加いただいた会社様がございます。その会社様はBtoB ECサイトを構築したことで、業務効率化で営業活動に専念することが可能となりました。その結果として赤字補填に収まらず、V字回復で業績が推移し、2022年に過去最高売上を達成しています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?企業の価値を高めるDXの推進は、現在多くの企業にとって重要な課題となっています。ECを活用し、効果的にDXを推進しようとお考えいただいているならば、まずは一度弊社セミナーにご参加頂ければと思います。船井総合研究所はDXのお悩みを持つ企業様を徹底的にサポートいたします!皆様とお会いできることを楽しみにしております!

【無料個別相談を受付中】EC参入&EC活性化についてお悩みはございませんか?

現在、ECユニットでは、“貴社だけ”のオンライン経営相談会を受け付けております。
EC業界は時々刻々と時流が変化してまいります。この激動の市場の中で、今後EC事業に携わられる企業様がどのような戦略を立て、事業に取り組めばよいか、実際に成功されているで弊社クライアントの事例をもとに、船井総研のコンサルタントが無料で経営相談を実施させていただきます。
所要時間は60分。
Zoomを用いたオンライン形式で開催させていただきます。

今後の事業展開についてお悩みの方は、この機会にぜひお申し込みください!

<このような企業様におススメ>
●EC事業を第二の収益柱にしていく方法を知りたい
●EC売上をもっと伸ばしていきたい
●EC事業に新規参入したいが商材が決まらない
●商材は決まっているが、何から始めればいいかわからない
●既存事業と親和性のある新規事業を探している

上記のような疑問・課題をお持ちの企業様に対して、随時「無料のオンライン経営相談」を 受け付けております。 分かりやすく言えば、「経営(集客・営業・社員育成・コスト削減・生産性アップ・幹部育成・組織開発等)に関する、社長のお悩み相談」とイメージしていただければと思います。
所要時間は、60分で、無料です。

この機会にお気軽にご利用くださいませ。

無料経営相談はこちらから

2023年EC参入・活性化時流予測レポート ~今後の業界動向・トレンドを予測~

2023年EC参入・活性化時流予測レポート ~今後の業界動向・トレンドを予測~

本レポートでは、2023年のEC業界の動向やEC事業を成長させるポイントについてご覧いただけます。
現在のEC業界の現状をもとに、2023年にEC事業を成長させるため、年商10億に到達するまでのロードマップや戦略、組織づくり等をまとめました。本レポートでは、自社の売り上げ規模別に今後取り組むべきことを紹介しています。2023年の時流をまとめたレポートとなっておりますので是非ご一読下さい。

>>詳細はこちらから

【商品開発ポイント】売れる商品開発戦略!商品のリプレイス方法 徹底解説レポート大公開!

「売れる商品開発戦略!商品のリプレイスの仕方とは?」と題して、商品リプレイス方法記載のレポートについてお伝えします。
本レポートでは、OEM会社選びの基準や、商品開発を外さないポイント、コスメのEC販売において売れる商品開発戦略について紹介しております。
是非ご一読ください。

>>詳細はこちらから

【EC業界】コスメOEM商品開発のポイント!データドリブンな開発とは!?

本レポートでは、レッドオーシャン化しているコスメのEC販売において勝ち抜くことのできる商品開発のポイントを解説しております。本レポートをお読みいただければ、貴社の利益率の改善と集客・売上アップのためのノウハウが分かります。是非ご一読ください。

>>詳細はこちらから

【ご案内】2023年EC経営フォーラムのご案内

本レポートでは、EC経営フォーラムについて解説しております。
船井総研の経営研究会は、業種別・テーマ別に定期的に行われる、事業主のための勉強会コミュニティです。
業種やテーマに精通したコンサルタントが主宰しています。
参加者が自らの体験や事例を語り、共有し、お互いを高めあう「師と友づくり」の場として、全国から多くの会員企業の事業主にご参加いただいています。

>>詳細はこちらから

最新・商社/卸売業のための BtoB ECサイト参入のポイント

最新・商社/卸売業のための BtoB ECサイト参入のポイント

本レポートでは商社卸売業の会社様に向けて、BtoBECサイトの参入のポイントについて詳しく解説しております。
デジタルを経営戦略に組み込んでいるが、実行戦略にまで落とせていない会社様は是非、本レポートをお読みいただければと思います。

>>詳細はこちらから

著者情報

細野 将司

株式会社船井総合研究所
ECユニット アソシエイト

細野 将司masashi hosono

神奈川県出身
新卒で船井総合研究所に入社。
賃貸支援部での管理会社業績アップ支援
また内科業界にてデジタルマーケティングを活用したクリニックの集客強化に従事。現在はECユニットにてEC業績アップに関するデジタルマーケティング支援をはじめ、市場調査、業務管理及び営業支援ツール作成など、経営者と伴走することを軸に業績アップへの様々なサポートを実行支援している。