船井総研ロゴ

サブスク経営.com

2022.01.12

新年のご挨拶ならびに今後のサブスク通信の重要方針発表

新年のご挨拶ならびに今後のサブスク通信の重要方針発表

皆様、明けましておめでとうございます。
昨年中はサブスク通信をご愛読いただきまして誠にありがとうございました。

本年もメールマガジンを通して、
皆様の事業の一助となるべく情報を発信してまいります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、今年から、サブスク通信は新たに「EC経営.com通信」と名称を改め、
サブスクリプションを含めたEC全般についての
事例、ノウハウを発信してまいります。

昨年2021年も、コロナウイルスの影響で
多くの企業様が打撃を受けたり、
変化する消費者嗜好への対応を迫られたりしたのではないでしょうか?

その中でも、従来の売上をあげる主流であった店舗での対面販売の売上が落ちたため、
ECに注力していきたいという会社様が多く見受けられました。

ECの取り組みは、対面せずに顧客が購入できる仕組みを作るだけではなく、
サイトへの流入、買い上げ、またあらゆる顧客情報の取得からデータを活用した販促活動など、データにもとづく最適な戦略をたてデータドリブン経営を可能にします。

また、EC化率( すべての商取引市場規模に対するEC市場規模の割合)も年々増加しております。まだまだ世界に比べEC化率の低い日本において、今後より一層のEC参入が増えることは明白です。

しかし、いざECに注力しようとしても、
「そもそも何をすればいいのか、専門用語もよく分からない…」
「どのようにしたら競合に勝てるのか…」
「ECってどうやって売上をたてていくべきなのか…」

など多くの会社様でそれぞれの課題やお悩みを持っていたり、

「こんな商品をつくりたい」
「新規集客を強化するために広告を出そう」
と思っていても、そもそも商材が間違っていたり、サイト構造自体が”売れない”ページになっているケースも多くあります。

また、これまでメルマガでお伝えしてきたECでの全国型サブスクリプションモデルにおいても、ただやみくもにサブスクメニューやプランを作るのではなく商材の特性を考慮しながら商品MDを見直す必要も出てきます。

そこで、これからのEC経営.com通信では、
船井総研のEC専門コンサルタントがサブスクリプションモデルを含めたEC事業全般のノウハウや事例をお届けいたします。

EC参入のポイントや事業成長ステップごとの戦略、新規集客、リピート購入対策、LTV対策、SEO対策、顧客管理などEC事業を成功させるために必要なノウハウや成功事例を配信してまいりますので引き続きご愛読ください!

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

\100名超参加のセミナーがアンコール開催決定!/

昨年に開催しましたWEB通販新規参入セミナーが、多くの方にご参加いただき好評をいただいたため、アンコール開催することが決定いたしました!

本セミナーでは、
①新たな収益の柱としてのWeb通販事業の魅力
②Web通販で年商10億円を目指す方法
③経営者が明日から実行すべきこと
についてお送りいたします。

・ECの立ち上げを検討している方
・なかなかEC売上が伸びない
・EC事業を収益の柱として成長させたい

このような方にはぜひおすすめの内容となっております。
ご参加のお申し込みがまだの方はぜひこの機会にお見逃しなくお申し込みください!

▼ご参加はこちら▼
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/077715/

著者情報

日坂 大起

株式会社船井総合研究所
デジタルイノベーションラボ シニアエキスパート

日坂 大起Daiki Hisaka

2014年関西の大学を卒業後、船井総合研究所に入社。
入社後はファッションビジネス関連のコンサルティングに従事しEC立ち上げ・活性化・商品開発や在庫分析など小売業全体のコンサルティングに従事。
2016年よりチームリーダーに昇格。3年間チームリーダーに従事し2019年からビューティビジネス全体の統括するグループマネージャーに昇格し、ファッション領域だけでなく美容室・エステなどビューティビジネスへのコンサルティンググループを率いている。
現在では美容室・エステ分野でのデジタルマーケティングやDXコンサルティングなどを得意としておりこの領域に関しては美容クリニック、コスメなどそのほか領域でも多くの成功事例をもっている。
2021年からは船井総研内の新規事業立ち上げに従事しサブスクビジネスへのコンサルティングサービスの責任者として日々従事している。